小池 太郎(兄)が使う、「筋膜療法」とは? 筋膜療法は現在のように科学も医学も発達していない時代の約1000年前、平安時代以降からの伝統的療法といわれ、書面ではなく、口から口へ伝わってきた(口伝)ようです。

*(いわゆる最近見かける「筋・筋膜療法」とはまったく別のものです。)

筋膜療法の大きな目的は

@脳に血液を回しあらゆる治癒力の源を引き出す
A胸郭の動きを最大限確保し
B呼吸の正常化と身体の中心が動くことでカラダ全体が動きはじめるのを助ける

ことです。
つまりは、カラダが持つ本来の機能性を取り戻すことなのです。

手法は多岐・多様・多量ですが、基本的に物理的な強い力は必要としません。
先人たちが生きた時代の人々の、「理屈」ではなく「感覚」を重視し、物理的には見えない動きやカラダの情報をそのまま受け取りそれに逆らわない操作をします。

足首から体全体、手首から腰、足から下肢全体、体幹から全体、など、カラダの連動性を体感できる技術です。
施術中、なにをしているのかあまり細かく説明することはありません。
意図はありますが、理論で説明することが出来ない場合もあるので結果を体感してご納得いただければと思います。

腰や肩が動かないから・・・と、じっとしていては命の危険がすぐそばにあり生きていくことができなかった時代。
そんな中、すぐにカラダを動かすことができるようにと発達してきた伝統的療法で、そして今、ストレスフルな現代だからこそ、まずは身体をラクに迅速に動かしやすくして、あなたを笑顔にすることができれば・・・と思っています。
 

東京都港区麻布十番
  太生(たお)整体院
  taoseitai-in


Facebookページも宣伝
 
花粉症対策グッズ・
花粉アタッカーズ


Facebookページも宣


 


呼吸をしやすくする・脳血流の増大を図る

など、「カラダが持つ本来の機能を取り戻す」という目的は、小池太郎(兄)と同じです。
体の「ベースになる動き」を出すために、筋膜療法も使いますが、私が特にこだわりを持って診るのは、「足」と「お腹」です。
「お腹に力が入らないと、足の踏ん張りが効かない」ように、足とお腹の内臓は、皆さんが思っている以上にとても関連が強いです。
ただ、お腹はあまり人に触れられることがありませんし、不快を感じやすい場所でもあります。
私は出自が鍼灸(東洋医学)なので、お腹以外へのツボ刺激で、痛かったり触られて不快なところを軽くしてから、お腹を触らせていただく、というパターンが多いです(穏やかな刺激がほとんどです)。

お腹に触れる際は、隣り合う内臓同士の滑り易さや、内臓自体が持つ動きなどを、ちょっと助けてあげる、ということをします。
“筋肉が体を動かす” と思いがちですが、筋肉がちゃんと力を発揮するには、内臓との連係が欠かせません。それに、それらの内臓と筋肉に指示を出す「脳」には、常に新鮮な血液を送ってあげる必要があります。

以上の考えから、

足→お腹→頭 といった具合に、下から上への順で施術させていただく場合がほとんどです。終えた後に、
「何かよく分からないけどラクだな・・・」
と感じていただければ、成功です(笑)。

「ぴったり合った、つながった体」の気持ちよさを体感していただければ幸いです。




■住所
港区麻布十番
1−4−8 
麻布永坂ビル301


■TEL:
整体施術
080-4182-8249


■受付時間:

11:00〜20:00
(最終)


■定休日:

月曜日 
土・日 祭日も
営業しております

あなたが、はり灸に対して持っているイメージは、おそらく、
「痛い!熱い!年寄りっぽい!」
  ではないかと思いますが、実は!
とてもおもしろい治療法なんです!

<つぼを刺激すると、一体どうなるのか?>
例えば胃腸が弱って調子が良くない時。何の関係もなさそうな足のつぼを刺激すると、胃腸が動き出してお腹が「ぐるぐるぐる…」と鳴ったりします。
足の指のつぼを刺激すると、膝の痛みがなくなったり、炎症が引いたりします。
手の指の間のつぼを刺激すると、寝違えで動かせない首が、ウソのように動くようになります。

このように症状からベストと思われる経穴(つぼ)を選び、施術をします。
症状のケースによりますが、ピタッ!と合ったときは・・・笑ってしまうくらいの効果があらわれます。
これが経絡治療の醍醐味です!(笑)。

(目的)
つぼ【※】を刺激して気の滞りを正し、体のチカラを高めること(本治法といいます)。
これがはり灸治療の主な目的で、「経絡治療」と呼ばれる手法です。
対して、部分のつらさに直接アプローチする手法は標治法といいます。動かしたり、押して痛むような場所に直接はりを打つ、といった直接法のことです。
実際のはり灸治療では、本治法と標治法を組み合わせて行なうことが多いです。


(使用するはりについて) はりの種類は多様で、長さや太さも様々ですし、目的別に形状も異なります。
たとえば小児鍼というものは先が丸く、刺さずに気の道に沿って撫でたり、つぼに当てるだけのものです。子供は感覚が鋭く気が通りやすいので、これだけで十分だったりします。

対照的に、中国鍼は注射針くらい太く長く、見た目も刺激も強烈です(笑)。
当院で使用するはりは主に、髪の毛よりやや太いぐらいの直径、長さは5センチくらいのものがメインです。管に鍼を通して打つ、日本古来の方法で行います。
※鍼はすべて使い捨てのディスポーザブル鍼です。病気の感染の心配はございません。
 

<はりとの違い>
体の陰陽のバランスをとるのがはり灸治療。お灸は主に、足りない元気を補うときに使われることが多いアイテムです。
冷えとのぼせで言うと冷え、虚弱と過多で言うと虚弱、のような方に向いています。

後漢時代(140〜210年頃)の医書、傷寒論の中に
「下痢をして手足が冷たい、脈が触れないほど細く弱々しいときはお灸をしてからはりを使うと良い」
といった記述があります。ほかにも紀元前の医書、黄帝内経にも、
「元気が無さ過ぎて、はり治療が難しい場合は灸をしよう」
とあります。(コレはもちろん分かりやすく現代語訳しています)
はりと併用したり、お灸をして巡りを良くしてからはりをするなど、状態によってやり方はさまざまですが、お灸でなくても単純に温めると気持ち良かったり、痛みが和らぐといった経験は、多くの人がしていると思います。
お灸をした後は温泉にゆったり浸かったあとのようにぽかぽかして、意外なほど気持ちが良いものです。

ばね指や歯周病など、特別なケース以外は肌に直接もぐさを置かないお灸を使います。
やけどの心配はありませんが、熱すぎる場合は遠慮せず、すぐに仰ってください。

お体の状態により適した療法をお話の上、施術を開始させていただきます。分からないこと、疑問などございましたらお気軽にご相談ください。
 

当院は

治療に通わなくてもいいカラダを「あなたと一緒に創る」治療院です。

ですから当院の施術哲学は、

「あなたが自分で自立できるカラダになるために、本当に必要なことを行う」

です。

では、自立できるカラダ、とは何なのか?

   * * * * * * * *

ちょっと厳しい言い方をしてしまうと、今のあなたの症状ができたのは、100%あなたの責任です。

あなたが入力した情報で、出力された現在がある。
入力がおかしければ出力は当然おかしくなります。

だからまずあなたにそれを受け入れてほしいのですね。

カラダの変調を感じられないぐらい鈍くなってしまった身体感覚。
カラダが悲鳴を上げているのに同じ行動を取り続けてしまう精神。

わたしたちは出力でおかしくなった部分を修正することはできる。
でも入力はあなたにしか出来ない。

だから「一緒に創る」のです。

創りなおす と言ってもいいでしょう。
入力すべきは、

異常を異常だと感じることのできる感覚。
正しい状態を正しいと感じ維持しようとする感覚。

まず第一に必要なのは、ご自身がおかしいと思われる入力を認識して、改善しようとしていただくこと。
そして第二に必要なのは、おかしくなった出力状態に本当に必要なことをして、私たちが変化を起こすこと。

文字通り、二人三脚です。

もしこうやって入力が変わり、出力が正されて、それを維持しよう!とする感覚が戻ってきたなら・・・

もうあなたは私たちを含む誰かの力を借りなくても、自立できる。
わたしたちから卒業できる。

それがわたしたちの願いであり、施術を行うにあたっての哲学です。

〜タオ針灸整体院フェイスブックページの記事から引用〜

昨日来た女性はもう4回目ぐらいなんだけど歯科医師の人で、最初は盲腸の手術痕からの不調と仕事柄姿勢のとり方が無理があって疲労困憊、リセットができない体でやってきました。
昨日診た感じではもうだいぶカラダがしっかりして、かなり自由に負荷を逃がせるようになったのではと思い、

「もうちょいしたらとりあえず卒業ですかね!」

と言ったところ

「・・・・卒業って・・・してもいいんですか?」

と聞かれたので

「え、だって元気になってきたらいつまでも来たくないでしょ?(笑)」
「なんか先生はそう言ってくださるので嬉しいです。ずっと通わなきゃダメ、って言われたら、私はずっと先生にかかってなければダメな体なのかな?もし先生がどこかへいなくなったらどうしたらいいんだろう?って不安になってしまうと思うんです」

これが本音ですよね患者さんの。
利益的にはそら毎週毎日おんなじヒトがずっと来てくれれば儲かりますよ。
でもつらくならないかねお互いに。
そういう関係性は健全ではないと思うんですね私は。

これはもうずっと前からこういう考えでやってます。
誰のため、って当然自分のためでもあるけど、そこに関係性が生まれているなら相手のためってのも入れないと事はおかしくなってくるに決まってる。
男女の関係だって自分以外の人間と関係するな!とか、あなたなしでは生きていけない!とか、ワケーうちはそれも楽しいかもしれないけど、最後はいやんなって逃げたくなるもんです。
だいたい、良くなったらうちに来てた時間を今度は自分のために楽しいことに使って欲しい。
そして代わりにその人の周りの困ってるヒトをバンバン紹介してくれればウチは困らない。
紹介されたヒトだって良くなれば助かる。し、ウチも助かる(笑)
ちゃんと循環している。
流れが止まった所はよどんでくる。
私はそういうのイヤなんです。

経営とかイロイロ考えあると思いますけどね。
でもウチはそういう考えです。

この記事に対してたくさんの方々が賛同の意を表してくれました。
誰もが損をしない関係性。誰もが不快にならない関係性。
それが太生整体院の願いです。

 プロフィール・太郎  プロフィール・和海  お客様の声・太郎  お客様の声・和海  料金コース  よくある質問  アクセス