症状: 首の痛み 施術者: コイケタロウ
症例: 30歳男性 デスクワーク 主訴: 一昨日より体の曲げ伸ばしで首がぎっくり
病歴等:  

所見: シャワーで頭を洗おうとしたとき上部胸椎に痛みが走り直立以外の姿勢が困難になる

施術内容と結果
*来院時、立ち座りと寝起きの動作がきついということでベッドに寄りかかり立つ形でカルテ記入

上半身の筋肉の過緊張が総体的に顕著。
座位のままでの身体の屈曲進展が困難。
左右のねじり運動は右優位で左右痛みを伴う(首も同様)
左手首の内方への曲がりと左肘から先の腕の部分の内方へのねじれが右より顕著。

骨盤の動きにロックがかかり体幹の動きを制限しているので解消
寝違え時に典型的に伴う、わきの筋肉の過緊張があったので自力運動で解消させ以後セルフで継続するよう指示
左手首から位置の修正と前腕のねじれの解消と両肩の支持点の位置修正と連動のラインをつなげる
*この時点で5割ほど痛み減少
足首から身体全体へ動きをつなげてついでにあごの動き(首の動きと全体の圧力を逃がせるようにするため)を拡大正常化
後頭部から肩へ伸びる僧帽筋の両端の緊張を解消、で7割がた痛み減少と動きに不安がなくなる

その後の経過:

施術者の考察:


施術は座位のまま最後まで。
姿勢に関する認識の間違いと長時間デスクワークによる固定のための筋疲労が大きい。
手首と肘のアライメント修正はデスクワークの人の場合よく診る。
ぎっくり系はまだ痛みが2、3割あっても、楽になり不安が軽減したところでやめ、残りを自力で収束する方が最終的な収まりがいい。
急性発症とはいえ慢性的な状態の積算があったので、生活の仕方に注意を向け本人自身に修正・改善を促す指導が効果的だと思われる。